• 腹痛
  • 医師
  • 漢方

体質改善方法

漢方

子宮内膜症の軽度の人は、生活習慣の見直しや漢方薬で体質改善をする方法があります。日頃、仕事などが忙しくて生活習慣の改善ができない人は、漢方薬などを利用して体質の改善をしていきます。 子宮内膜症の治療法としては、西洋医学のホルモン治療や手術などがあります。なるべく体に負担をかけずに治したいのが本望でもあります。治療したからといって100%治癒する保障は医者でも分からないものです。体に負担

痛みの対処方法

医師

近年は、10人に1人が子宮内膜症にかかっているといわれ、増加傾向にあります。特に20代の若い女性に多い病気であります。はっきりとして原因もわかっておらず、アレルギーなどが原因ではないかという発表もされています。 以前までは子宮内膜症の原因は、経血が卵管を逆流して腹腔内にこぼれたからとか、環境ホルモンが体のなかに入り悪い影響を与えているのだといわれていました。どちらも憶測でしかないのです。 最近、産婦人科学会で言われているのが、アレルギー説です。子宮内膜症は、子宮内膜の状態が悪くて起きるのでなく、アレルギーによって引き起こされているというのです。実際に、