• 腹痛
  • 医師
  • 漢方

体質改善方法

漢方

子宮内膜症の軽度の人は、生活習慣の見直しや漢方薬で体質改善をする方法があります。日頃、仕事などが忙しくて生活習慣の改善ができない人は、漢方薬などを利用して体質の改善をしていきます。 子宮内膜症の治療法としては、西洋医学のホルモン治療や手術などがあります。なるべく体に負担をかけずに治したいのが本望でもあります。治療したからといって100%治癒する保障は医者でも分からないものです。体に負担をかけずに体質改善をしたい人は、漢方薬を服用して改善の経過をみる方法があります。 ホルモン治療をすると月経がとまってしまうという副作用がでます。漢方薬は副作用もないので、体に負担をかけることや月経をとめることなく治療ができます。 漢方薬には生薬とエキス剤があります。生薬は煎じ薬とも呼ばれています。エキス剤は生薬を乾燥させたものです。内膜症の痛みによって、どちらにするか選択します。両方の効果をみてみると、生薬のほうが効果が高いのは間違いないです。 子宮内膜症の疑いがあると思われるかたは、すぐに婦人科・産婦人科の受診をお勧めします。早期発見、早期治療に心がけます。

痛みの対処方法

医師

近年は、10人に1人が子宮内膜症にかかっているといわれ、増加傾向にあります。特に20代の若い女性に多い病気であります。はっきりとして原因もわかっておらず、アレルギーなどが原因ではないかという発表もされています。 以前までは子宮内膜症の原因は、経血が卵管を逆流して腹腔内にこぼれたからとか、環境ホルモンが体のなかに入り悪い影響を与えているのだといわれていました。どちらも憶測でしかないのです。 最近、産婦人科学会で言われているのが、アレルギー説です。子宮内膜症は、子宮内膜の状態が悪くて起きるのでなく、アレルギーによって引き起こされているというのです。実際に、子宮内膜症の女性に抗アレルギーの薬を飲ませてみると、改善がみられたということです。 治療方法として軽度の人は、漢方薬や生活習慣を見直したりしています。重度の人などはホルモン療法や手術をして治療します。生活習慣の改善として、良く行われているのが「体を温める」ということです。体が冷えてしまうと、子宮内膜症にかぎらず月経痛や冷え性などにもなったりします。体と温めて血液の循環をしてあげるのです。温め方は、半身浴、使い捨てカイロをお腹に貼り付ける、温かい食事・飲み物を心がける、適度な運動をするなどがあげられます。 骨盤内のうっ血を防ぐことも改善する方法です。そのためには、便秘解消、トイレの我慢、ガードルで下腹部を締め付けない、立ちっぱなしにならないようするといった予防策があります。仕事で事務仕事などの、座りっぱなしの人はどうしたら良いのでしょうか。座り仕事が多い人は膝を曲げたり伸ばしたりして体勢をを少し変えるだけでも効果があると言われています。喫煙者はタバコを控えたりします。タバコは血液の流れを悪くしてしまうので体によくないです。月経中はホルモンバランスも崩れたりします。ホルモンバランスが崩れると神経過敏になりストレスも受けやすくなります。神経の伝達がうまくいってないと月経痛の原因になるので気をつけます。